Comptech社製 半凝固スラリー製造装置

Comptech社は今までにない発想での半凝固アルミスラリーの製造に成功いたしました。いちばんの特徴は、既存のHPDCのキャパをアップでき、新しいマーケットに参入することができる点です。
Comptech社は今までにない発想での半凝固アルミスラリーの製造に成功いたしました。一般的にはRheocast法と呼ばれ半凝固スラリー製造機器を既存の高圧ダイカストマシンに組み込むだけで以下の利点を得ることが可能です。

  • 小型の機械を使用することによる低コストのプロセス、平均で-30%の機械サイズの縮小もしくはキャパアップが可能
  • 強度、熱伝導率など、より高い特性を備えた合金の使用
  • 安価な合金に材料変更が可能→コスト削減
  • 鉄分が高くても鋳造可能
  • 非常に低い気孔率レベルにより、品質の問題が軽減され、熱処理と溶接が可能

  • Previous
    無水エタノールを提供

    No replies

    Email again: